夜勤や残業も…労働時間-アナタが最高の転職をするためのナビサイト!

夜勤や残業も…労働時間

過酷な労働状態

ナースイメージ 看護師というのは非常に忙しい職業です。その過酷な労働状況に当事者の看護師も頭を抱え、中には精神的に病んでしまう人もいるほどです。

原則として交代制になっている病院に勤務している看護師は、次のローテーションの看護師が勤務終了時刻には出勤しており、申し送りをしてから帰宅するので、さほど残業はないと言われています。

しかしローテーションはシフト制で組まれていることが多く、夜勤があることもしばしば。また夜勤の翌日、日勤というシフトがあったり、労働時間もバラバラで生活リズムが狂ってしまうという例もあります。

その点で見れば、他の会社員や接客業などと比べれば、非常に過酷な労働条件を課されていると言えるでしょう。

休みが取りにくい?

過酷な労働条件のもと働いている看護師ですが、休日取得や時間内の休憩時間はどうなっているのでしょう。

全国的に人手不足と言われている看護師ですから、休憩時間もゆっくり取る暇がないと言われます。お昼休憩くらいゆっくり食事をとりたい、と思っても、患者さんの検査時間が延びたり、急患が入ったり…。気の休まる暇もありません。

病院では患者3人あたり1人の看護師が就くことが義務付けられていますが、看護業務に時間を割かなければならないケースでは、最低人数でまわしている所もあります。

その分1人に対しての負担が増え、また丁寧に看護しようと思えば、そのしわ寄せが残業または土日出勤という形で押し寄せてくるため、なかなか自分の満足のいく業務が出来ないというケースもあります。

こういう過酷な労働条件を踏まえた上で、看護師転職サイトのコーディネーター等は現場に足を運び、その病院がどのような勤務体系になっているかを調査し、利用者の疑問点を解決してから企業をご紹介しているのです。

ですから転職希望のサイト利用者は安心して自分の希望条件をあげて、転職先を探すことが可能となってくるのです。


恋愛だってできやしない…プライベート
TOPページ