医師、看護師、患者さんとも…人間関係-アナタが最高の転職をするためのナビサイト!

医師、看護師、患者さんとも…人間関係

煩わしい?人間関係

人間関係イメージ 転職を志願する人は、給与に不満があるとか勤務時間に不満があるとか、そのような具体的な理由が全てではありません。退職理由であげられる理由の1つに「人間関係」があります。

1つずつ挙げてみると、まず院長との関係で難しいのはワンマン経営の場合です。クリニックなどで多いですが、院長の指示のもとで仕事をするため、ワンマンの考えについていけず疲れ切ってしまうケースがあります。

また、病院では看護部長、師長との関係が難しいですね。男性看護師が増えてきたとはいえ、やはり看護師はまだまだ圧倒的に女性の世界です。えこひいきやグループ、陰口など女性特有の状況が作られてしまうことがあります。

また同僚でも独身や子持ちなどで互いの状況が理解出来ない場合、衝突が起きるケースがあります。

患者さんとのコミュニケーション

看護師同士でも人間関係が大変なのに、患者さん相手ともなるとまた一汗かきます。気難しい患者さん等に拒否されると、やはり介護している側としても辛い気持ちが湧いて来ます。しかしイライラしたり、困っていたり、心の中で怒ったりすると、それも患者さんに知らぬ間に伝わってしまうものです。

患者さんは看護師のことをよく見ています。信頼関係を築くためには、辛くても毎日話しかけたり、あなたのことを気遣っていますよ、という態度を示すことが大切です。

このように看護師は接客業とも思えるほど人間関係に疲労する職種なのです。


夜勤や残業も…労働時間
TOPページ